たんぽぽのわたげ

たんぽぽのわたげ詳細

頑固な逆子、妊娠中の体調管理に はりきゅう治療はオススメですよ 福岡市薬院たんぽぽのわたげまで


今週は逆子の方がよくお見えになりました。
多い日で、一日3人です。重なるときは重なりますね。

 

妊娠中の治療とは、お母さん、治療者との関係の他に「赤ちゃん」という第三者が関係あるところが実に面白いです。

 

逆子になったとき、お母さんにしてみれば「どうして戻ってくれないんだろう・・・」との思いが起こるものですが、赤ちゃんにしてみれば「このままではお母さんが難産になるのではないか・・・」と、ただただお母さんのために難産への回避をしているように見えるのは私だけでしょうか?

 

逆子のお母さんの話を聞いて気が付いたのですが、便秘のお母さんは、便の溜まっているところを逆子の赤ちゃんが蹴ったり、腰痛のお母さんには、腰痛のところをお腹の中から脚であたかもマッサージをするように蹴っているようなんです。まるで「このままでは大仕事(お産)に挑めないよ」と言っているようです。
たかが便秘、たかが腰痛ではなく、そのことが難産になるリスクファクターだと赤ちゃんが考えれば、そこに留まっていようと選択するのでしょうか。

 

だとしたら、実感している体調不良があれば改善するべきですし、自覚症状がなく逆子になっているとしたら、お母さんには気が付かない微細な体調不良を赤ちゃんはキャッチし、お産で大変なことにならないようにと逆子という形でサインを出しているのではないでしょうか。

 

体の不調をキャッチするのは、鍼灸師の私たちにとって得意中の得意(笑)。というよりはそれで、食べてますからね(笑)。実際に、「逆子です。特に体調不良はありません。」といったお母さんが「気持ちがイイ。癖になりそう。」「体が軽くなった」など自分の体に不調があったのだと、治療をして初めて気が付いたというお母さんたちもたくさんいます。

 

逆子がなかなか返らない方、ぜひ、たんぽぽのわたげにご相談下さい。

 

吉村亜紀子

 

 

たんぽぽ鍼灸院

住所
〒811-1362
福岡県福岡市南区長住2丁目22-31
アクセス
「長住3丁目」か「長住4丁目」で下車 当院まで徒歩5分
TEL
092-561-8014
診療時間
9:00~12:00 14:00~18:00
お休み
木曜日と水・日曜日の午後
(日曜日は勉強会があり休診の場合がございます)



たんぽぽのわたげ

住所
〒810-0004
福岡市中央区渡辺通4丁目4-19
ラ・カーサ薬院801号
アクセス
「西鉄薬院駅」「地下鉄薬院駅」より徒歩1分
TEL
090-8761-8014
●完全ご予約制にて受付します。
ご予約のキャンセルは1日前までとします。
●施術中・面談中の場合は、音声電話に切り替わります。メッセージをお入れください。
折り返し連絡させていただきます。
診療時間
9:00~20:00(最終受付19:00)
お休み
不定休
(当院スケジュールにてご確認ください)

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1OWCpbw
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る

トップへ戻る