たんぽぽのわたげ

たんぽぽのわたげ詳細

経穴(ツボ)・経絡(気の流れ)、古代から脈々と受け継がれているはりきゅう治療を体験してみて下さい。 福岡市薬院たんぽぽのわたげまで


一昨年にNHKスペシャルで放送された「完全解凍!アイスマン〜5000年前の男は語る〜」はご覧になられたでしょうか?この「アイスマン」と名付けられた謎の男。1991年にイタリア・オーストリア国境付近にあるアルプスの氷河から奇跡的な保存状態で発見されたミイラです。発見当初『パスポートも携帯しておらず、国籍不明。腐食が進み、性別すらわからない遺体が発見されました』と当時のニュースで報道されました。警察は念のため、考古学研究へも調査をお願いしました。発見を任された研究者は「一目見て、これは数千年前のものだ」と解ったそうです。それがなんとなんと5300年も前のものとは・・・。発見以来20年間厳重に保存され、この『アイスマン』を解凍するという画期的な調査が行われたのです。脳や内臓、骨、血管など149点のサンプルが限られた時間の中で採取され世界中の研究者たちの分析により5000年前の謎が次々と明らかになっています。
番組の中で、胃の中のサンプルにより、当時の人もハーブなどの香草、ハム様の蛋白質とパン様のものに軽く焦げ目をつけ、風味と香ばしさのある味を楽しんで食べていたこともわかりました。皮膚のサンプルでは、体のところどころに「炭」の成分が付着していました。始め「タトゥー」か何かだと思っていたのですが、東洋医学の研究者により、その跡は何と『経穴』つまりツボに跡が残っていたことが解りました。どのような道具を使っていたのかは謎ですが、5000年前の、四大文明とはほど遠いアルプスの山中あたりに住んでいただろう人が、『経穴への温熱療法』をしていたのです!!中国の一番古い文献の「黄帝内経」は4000年前ですが、それよりさらに1000年も前に、経穴・経絡(気の流れ)を利用した治療法が世界中で行われていたことが解ったのです。
う~ん、ロマンを感じますね~。私たちの行っているはりきゅう治療は5000年以上も前にもう行われていた訳ですからね。
はりきゅうなどの経絡・経穴を利用したこの医療施術が、たいしたことのないものであれば、とっくの昔にすたれていたはずです。それがこの現代に生きる私達も行っている。ちゃんとした効果があるからでしょう。そして、昔も今も体を治していく過程は一緒なのですね。
脈々と受け継がれているはりきゅう治療はを皆さんも体験してみませんか?
古代から続く理由がわかりますよ。

 

吉村亜紀子

 

 

たんぽぽ鍼灸院

住所
〒811-1362
福岡県福岡市南区長住2丁目22-31
アクセス
「長住3丁目」か「長住4丁目」で下車 当院まで徒歩5分
TEL
092-561-8014
診療時間
9:00~12:00 14:00~18:00
お休み
木曜日と水・日曜日の午後
(日曜日は勉強会があり休診の場合がございます)



たんぽぽのわたげ

住所
〒810-0004
福岡市中央区渡辺通4丁目4-19
ラ・カーサ薬院801号
アクセス
「西鉄薬院駅」「地下鉄薬院駅」より徒歩1分
TEL
090-8761-8014
●完全ご予約制にて受付します。
ご予約のキャンセルは1日前までとします。
●施術中・面談中の場合は、音声電話に切り替わります。メッセージをお入れください。
折り返し連絡させていただきます。
診療時間
9:00~20:00(最終受付19:00)
お休み
不定休
(当院スケジュールにてご確認ください)

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1OWCpbw
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る

トップへ戻る