たんぽぽのわたげ

たんぽぽのわたげ詳細

不妊治療に向き合う方法は一つではありません。、「はりきゅう」という選択肢もあります。 福岡市天神薬院地区「たんぽぽのわたげ」まで


去る10月18日㈰【はりきゅうで「妊活」講演会〜あなたは不妊ではありません。未妊です。〜】と題しまして恒例の「安胎セミナー」を開催しました。

 

初めてお会いする参加者の方ばかりで、私も始めは緊張しましたが話をしていくうちに緊張もほぐれ、いつも通り終わりころには、ざっくばらん、気ままな女子会になっていました。お部屋を出るときには、「次は、薬膳料理なんか囲んで、他の安胎仲間といろいろ話したいです」など早くも次回開催へのお言葉を残していかれました。嬉しい限りです。どこまで企画可能かは今後検討していきますが、できるだけ皆さんの期待に添えれるよう努力していきたいです。

 

さて、今回の安胎セミナーの冒頭で月経の意味合いを安胎治療の立場で、どう付き合っていくのか説明しました。たんぽぽが取り組む安胎治療の『体創り』には京都の寺小屋お産塾の寿(ことぶき)先生こと田中寿雄先生の志から多く学んでいます。先生の著書『こうのとりの願い』から、月経とは『妊娠への確かな道しるべの一つだ』と言っておられます。「月経の改善こそ不妊の8割を占めるといわれている機能性不妊症に対して、取り組まなければならない課題だと確信しているのだ。月経周期・日数・下血状況(下血の色、塊の有無)・始まり方、終わり方・月経痛の有無など、自分の体調を把握することにより、赤ちゃんを迎える確かな歩みを自覚してもらうことに繋がる。・・・」など、寿先生ならではの温かく、包み込んでくれるようなお言葉で、体創りの歩みを一つ一つ丁寧につづられています。毎回毎回読むたびに多くのことを学ばせてもらっています。そして『体創り』を患者様の傍で一緒に歩み続ける者としてもとても支えられる一冊です。赤ちゃんを待ち望むご夫婦はもちろん、女性であれば皆さんに読んで頂きたい本です。寺小屋お産塾のHPでも、今回取り上げた「月経血の観察」に関してもっと詳しく載っていますのでチェックしてみて下さいね。

 

不妊治療に向き合う方法は、一つではありません。今おかれている状況に戸惑いを感じている方、「はりきゅう」という選択肢もあります。ぜひ、いらしてみて下さい。はりきゅう治療は、体と心が求めている本当の声を聴き、それに応えることのできる治療です。

 

寺子屋お産塾HP「月経血の観察」↓↓↓

www.kyoto-terakoya.jp/effort/waiting-for-baby/claim/claim01/

 

 

吉村亜紀子

 

 

 

たんぽぽ鍼灸院

住所
〒811-1362
福岡県福岡市南区長住2丁目22-31
アクセス
「長住3丁目」か「長住4丁目」で下車 当院まで徒歩5分
TEL
092-561-8014
診療時間
9:00~12:00 14:00~18:00
お休み
木曜日と水・日曜日の午後
(日曜日は勉強会があり休診の場合がございます)



たんぽぽのわたげ

住所
〒810-0004
福岡市中央区渡辺通4丁目4-19
ラ・カーサ薬院801号
アクセス
「西鉄薬院駅」「地下鉄薬院駅」より徒歩1分
TEL
090-8761-8014
●完全ご予約制にて受付します。
ご予約のキャンセルは1日前までとします。
●施術中・面談中の場合は、音声電話に切り替わります。メッセージをお入れください。
折り返し連絡させていただきます。
診療時間
9:00~20:00(最終受付19:00)
お休み
不定休
(当院スケジュールにてご確認ください)

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1OWCpbw
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る

トップへ戻る