たんぽぽのわたげ

たんぽぽのわたげ詳細

針と鍼のちがい


はりきゅう治療のはりは「針」ではなく、よ~くみると『鍼』と書いていますよね。
なぜでしょうね。
鍼灸師になってすぐのころ、図書館に行って「黄帝内経」という現在一番古いとされている鍼灸の古典を読んでいました。
その中には鍼灸治療に出てくる言葉の意味合いから、治療のことなどとても詳しく書いてあります。
『鍼』もその一つ。鍼の字の右側は「減る」の文字と同じ『咸』の字を使っていますね。咸には、減るの字にも使われている通り、水を減らす、封じ込める、と言った意味合いがあるそうです。「鍼」の字には「痛みを封じ込める」と言った意味を込めて、はりきゅう治療には「針」の字を使わずに『鍼』と使用しているようです。さらに、古典には「気の流れを利用した治療法であって、刺すものではない」といったような説明文が続いていたように思います。
ちなみに、「針」は、縫い針や注射針のように「刺す」意味合いが込められているようです。

 

だから、はりきゅう治療の「鍼」は刺すような痛みは全くなく、縫い針や注射針とは全く異質なものなのでしょうね。古来の人々はその違いが、はっきりとわかっていたのでしょうね。

 

 

吉村亜紀子

 

 

たんぽぽ鍼灸院

住所
〒811-1362
福岡県福岡市南区長住2丁目22-31
アクセス
「長住3丁目」か「長住4丁目」で下車 当院まで徒歩5分
TEL
092-561-8014
診療時間
9:00~12:00 14:00~18:00
お休み
木曜日と水・日曜日の午後
(日曜日は勉強会があり休診の場合がございます)



たんぽぽのわたげ

住所
〒810-0004
福岡市中央区渡辺通4丁目4-19
ラ・カーサ薬院801号
アクセス
「西鉄薬院駅」「地下鉄薬院駅」より徒歩1分
TEL
090-8761-8014
●完全ご予約制にて受付します。
ご予約のキャンセルは1日前までとします。
●施術中・面談中の場合は、音声電話に切り替わります。メッセージをお入れください。
折り返し連絡させていただきます。
診療時間
9:00~20:00(最終受付19:00)
お休み
不定休
(当院スケジュールにてご確認ください)

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1OWCpbw
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る

トップへ戻る