たんぽぽのわたげ

たんぽぽのわたげ詳細

産後の不安の正体


NHKスペシャル「ママたちが非常事態!?~最新科学でせまるニッポンの子育て~」多く方がご覧になったと思います。本当に「目からうろこ」でした。その一部をご紹介します。

 

「女性が母親になる」その時、脳では驚くべき変化が起こっていることが最新のアメリカの研究で明らかになりました。出産後、脳の30か所以上が肥大し、子育ての能力が高くなっているということがわかりました。ところが、日本の母親たちに非常事態が起こっているというのです。
その一つ、産後うつは、出産をきっかけとしたうつで、一般的なうつの5倍。さらに、子育てで7割が孤立という調査報告もあるそうです。育児の不安や孤独。子育てがうまくいかないのは自分のせいでは。夫にイライラ。育児中はほほ1日中ストレス状態・・・。母親たちは、救いを求めて「ママ友」を作る。これは、日本だけの社会現象だそうです。今、日本の母親たちに何が起こっているのでしょうか?

 

ものすごい不安と孤独。
ママAさんは、毎日のように、ママ友やママサークルの予定でいっぱい。とても楽しそうに過ごしています。しかし、家に帰ると一転。あれほど楽しそうに過ごしていたのに、家で赤ちゃんと二人になると、なぜか不安ばかり。医師にも相談し、薬にも頼るようになりました。育児中のママの体はどうなっているのでしょうか?
そのカギは、卵巣の中から出る、「エストロゲン」の働きに関係があります。妊娠し、出産に至るまで、エストロゲンの量は増え続けます。ところが、出産直後、急激に低下します。そのため脳や神経細胞の働き方が変わり、強い孤独感を感じるようになります。そもそもなぜそのようなシステムが女性の体に備わっているのでしょうか?それは、人間とチンパンジーが共通の祖先から分かれていくその分かれ目のころ、つまり、人類誕生700万年の歴史に遡ります。その時、人類の育児には、何かが起きたと考えられています。

 

アフリカのカメルーン。人類学者たちが注目している民族で「森を移動する人」の意味をもつバカ族の人たちの生活を追いました。ジャングルで狩りをしたり木の実を採取したり太古の人類の生活スタイルを今も大切にしています。ある母親は11人の子供を産み、さらに、年齢も非常に近いのです。「たくさん子供を次々と産む」それが人間の特徴なのです。チンパンジーはわが子の育児に掛かり切りの5年間、次の子供を妊娠することは出来ません。一方、人間は、進化の過程で毎年でも子供を産める体へと変化を遂げました。そのため多くの子孫を残し繁栄することができたのです。そのためには、育児をしながら、次々と出産できる仕組みが必要だったのです。バカ族では、生後3か月の赤ちゃんを仲間に預け、母親は仕事へ、その間に赤ちゃんが泣けば、他の育児中の女性がお乳を与える。母乳を与えたその女性は、「自分の子も、他の子も家族だからね」とコメント。生まれて間もないわが子を他人に任せるのは動物の中でも人間だけ。共同で養育するという独自の子育て術を編み出したことで、人間は次々と子供を産み育てることができるようになったのです。つまり、産後、エストロゲンの激減により不安や孤独を感じるのは『共同養育』を促す仕組みであったのです。京都大学霊長類研究所教授 松沢哲郎さんは、「進化の過程でわれわれは共同で保育するようにできているんです。必要な時には子供を預けられるようにできているのに、誰も助けてくれるわけでもなく子供を育てる。そんなことは人間にできない。できるようには作られていない。」と述べていました。

 

今もなお母親たちの体には共同養育の本能が刷り込まれています。核家族率が8割にも上る現代の日本では共同養育とは程遠い育児環境にあります。唯一の共同養育仲間は夫ですが、育児や家事に参加する時間は欧米では2~3時間のところ日本では1時間程度の調査結果もあります。本能的な共同養育の欲求とそれが叶わない日本の育児環境。その大きな溝がママ友と繋がりたい衝動や孤独感にママたちを駆り立てていると考えられるのです。

 

「子育てがつらいのはあなたのせいではありません。」と番組冒頭で言った時に、涙があふれそうでした。番組を見終わったあと「あなたはあなたのままでいいんですよ。」と言われているようでした。鍼灸師という職業柄、番組をいろいろと拡大解釈して見ていたように思います。詳しくは、診療中にでもママトークしましょう♪鍼灸治療も、ママたちの心と体をきっと癒してくれると思います。ぜひぜひ体感してみて下さい。

 

 

吉村亜紀子

 

 

たんぽぽ鍼灸院

住所
〒811-1362
福岡県福岡市南区長住2丁目22-31
アクセス
「長住3丁目」か「長住4丁目」で下車 当院まで徒歩5分
TEL
092-561-8014
診療時間
9:00~12:00 14:00~18:00
お休み
木曜日と水・日曜日の午後
(日曜日は勉強会があり休診の場合がございます)



たんぽぽのわたげ

住所
〒810-0004
福岡市中央区渡辺通4丁目4-19
ラ・カーサ薬院801号
アクセス
「西鉄薬院駅」「地下鉄薬院駅」より徒歩1分
TEL
090-8761-8014
●完全ご予約制にて受付します。
ご予約のキャンセルは1日前までとします。
●施術中・面談中の場合は、音声電話に切り替わります。メッセージをお入れください。
折り返し連絡させていただきます。
診療時間
9:00~20:00(最終受付19:00)
お休み
不定休
(当院スケジュールにてご確認ください)

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1OWCpbw
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る

トップへ戻る