たんぽぽ鍼灸

たんぽぽのわたげ詳細

喉の違和感を訴える不定愁訴を解消する・・・福岡のたんぽぽ鍼灸院にて


季節と関係があるのかどうか分かりませんが、喉の違和感を訴える方が続きました。共通項は、季節の他に女性ということと年齢は40代より上でした。

 

他の季節にこのような訴えがあったかどうか、私の記憶を遡ると、随分と昔に冬1月に治療したことを覚えています。他に似た症状を治療したことはあるのですが、昔のことで残念ながら季節を覚えていません。それほどに頻発する愁訴ではないので、今年の4〜5月は異常です。

 

それから、この不定愁訴は女性限定です。男性で喉の違和感を訴えるときは、ちょっと違うのです。明らかに扁桃腺の異常であったり声帯の異常であったり、不定愁訴(医学的に異常が認められないもの)ではないのです。

 

年齢的要素は、確かに更年期の症状と言えないこともないのですが、明らかに閉経後随分と経った高齢者でも喉の異常を訴えます。また、何らかの女性ホルモン感受性でありそうな感じですが、だったら原因は女性ホルモンの異常ですから、不定愁訴になりませんね。

いったい本当のところは何なのでしょう。

 

いろんな文献を漁りました。

故長野潔先生の長野式では、女性ホルモン説を採って上四瀆(かみしとく)穴に置鍼・雀啄で愁訴の緩和を図ります。わたしもよく使いましたが、これは胸鎖乳突筋を緩めるのに有効でした。しかし、全てに有効というわけには行きませんでした。

 

ところが故深谷伊三郎先生の深谷灸法がいいのですね。深谷先生の説明が症状にピッタリです。喉の違和感とは、例えば、「喉に何か引っかかったまま」とか「すーっと通らない」とか「締め付けられる感じ」とかで、耳鼻咽喉科で調べてもらってもポリープがあるわけでもなく、何の異常もないのです。

 

という訳で、深谷灸法のお灸を採用してみました。

効果は抜群でした。ほぼ1回の治療であれ程しつこかった愁訴がほぼ寛解するのです。

不定愁訴ですので、喉の違和感だけでたんぽぽ鍼灸院に通院されていた訳ではないのですが、患者さんに東洋医学の有効性を実感して頂けたのがなによりでした。

しかし、先人の知恵ですね。故深谷伊三郎先生の素晴らしさに何度も助けられます。

 

flow09

たんぽぽ鍼灸院

住所
〒811-1362
福岡県福岡市南区長住2丁目22-31
アクセス
「長住3丁目」か「長住4丁目」で下車 当院まで徒歩5分
TEL
092-561-8014
診療時間
9:00~12:00 14:00~18:00
お休み
木曜日と水・日曜日の午後
(日曜日は勉強会があり休診の場合がございます)



たんぽぽのわたげ

住所
〒810-0004
福岡市中央区渡辺通4丁目4-19
ラ・カーサ薬院801号
アクセス
「西鉄薬院駅」「地下鉄薬院駅」より徒歩1分
TEL
090-8761-8014
●完全ご予約制にて受付します。
ご予約のキャンセルは1日前までとします。
●施術中・面談中の場合は、音声電話に切り替わります。メッセージをお入れください。
折り返し連絡させていただきます。
診療時間
9:00~20:00(最終受付19:00)
お休み
不定休
(当院スケジュールにてご確認ください)

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1OWCpbw
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る

トップへ戻る