たんぽぽ鍼灸

たんぽぽのわたげ詳細

隠れた怖い症状・・・熱中症、福岡のたんぽぽ鍼灸院の症例より、


今朝、石原慎太郎さんが、講演で地方に出向かわれていて、熱中症で入院をされたとのニュースが流れました。

前回でしたか「風邪症状がひどくて、今年のシーズンはどうなっているのだろう」というような症例を報告しましたが、その後、横山卓先生とのお話の時、「それは熱中症が心に入っているようですね」とのご示唆を頂きました。

 

実際に自覚の無い方も含めて、風邪の患者さんを「熱中症」のキーワードでFTをかけますと、全員ではなくとも、ほとんどの患者さんが心の異常を出していらっしゃいます。

この心を病んだ熱中症は、兎に角、カラダの不調を訴えられます。

きつい、だるい、重い、眠い、カラダがシャキッとしないなど、不定愁訴のデパートのような症状を伴います。

 

一通り風邪の症状を取った後に、やわら心臓を診るのです。そうするとまだ異常が残ります。風邪症状が戻ってくるのですね。

だから、この心の異常も取っておかなくてはならないのです。この異常にFTをかけて具体性をもたせ、六部診で治療経を選び、ネッシンで取ってしまいます。DSCF0290

そうすると、患者さんが生き返るのです。

ホッとした表情をされます。

さすが横山先生、熱中症の始まりを早速に感知されていました。

 

余談ながら、妊娠六週でツワリが始まった方がお見えでした。

よく診断すると、心の異常があるのです。

そうです。熱中症を持っているのですね。

ツワリの始まりがツワリでなく熱中症だったようです。
当然に、熱中症とツワリの治療を併用することになりました。

 

 

たんぽぽ鍼灸院

住所
〒811-1362
福岡県福岡市南区長住2丁目22-31
アクセス
「長住3丁目」か「長住4丁目」で下車 当院まで徒歩5分
TEL
092-561-8014
診療時間
9:00~12:00 14:00~18:00
お休み
木曜日と水・日曜日の午後
(日曜日は勉強会があり休診の場合がございます)



たんぽぽのわたげ

住所
〒810-0004
福岡市中央区渡辺通4丁目4-19
ラ・カーサ薬院801号
アクセス
「西鉄薬院駅」「地下鉄薬院駅」より徒歩1分
TEL
090-8761-8014
●完全ご予約制にて受付します。
ご予約のキャンセルは1日前までとします。
●施術中・面談中の場合は、音声電話に切り替わります。メッセージをお入れください。
折り返し連絡させていただきます。
診療時間
9:00~20:00(最終受付19:00)
お休み
不定休
(当院スケジュールにてご確認ください)

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1OWCpbw
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る

トップへ戻る