たんぽぽ鍼灸

たんぽぽのわたげ詳細

生理痛と身体の鎮痛メカニズム・・・たんぽぽ鍼灸院とたんぽぽのわたげにて


街角のドラッグストアでの売れ筋商品トップランクの常連を知っていますか? はい、ピンポ〜ン。鎮痛剤で〜す。

当然に、若い女性が購入層です。用いるのは、生理痛がメインで、随伴する腰痛や頭痛にもいいということでの購入です。化粧品や雑貨品を買う時、一緒に幾つも買っていくそうです。

良いのかなぁ、と思いますよね。

 

子宮を収縮させて経血を起こさせるために分泌されるプロスタグランジンは、同時に発痛物質でもあります。それで、ある程度の痛みがあるのが普通であると説明されています。

そうすると、その痛みの対策としては、生理痛の時には、鎮痛剤を用いることとなります。はたして、本当にそれでいいのですか。

 

一般的な言い方では、生理痛は腹部の痛みだけのようですが、厚労省のデータでは、腰痛も兼ねている方は全体の50%近くあり、全身の倦怠感を感じる方が36%以上、イライラ感を感じる方は35%以上もあるとのことです。ということは、毎回の生理の時に鎮痛剤を使っても、本当にこのような症状が一度に改善されているのでしょうか。これは大いに疑問です。

 

それなら、東洋医学的なアプローチで、身体の調整メカニズムを利用して健康な生理を迎えるようにすれば、一石二鳥どころか何鳥でも取れます。

生理中の異常な気の流れをFTで、察知して、ハリやお灸、ネッシン、漢方薬などで正常な状態に戻すのです。そうすると、わたしたちのカラダは、自動的に痛みを取ってくれます。

わたしたちの東洋医学的解釈では、本来、生理痛は無くて当然であり、生理痛は努力で改善するを実践しています。

実際に、多くの女性がたんぽぽ鍼灸院にやってきて、「薬を飲まずに痛みが止まるのを初めて経験した」と感動されます。

 

生理痛は治らないものだと諦めないでください。

確かに生理痛の原因の分類はいろいろあります。内膜症や腺筋症、筋腫、卵巣嚢腫などなど切りがないところです。

でも、東洋医学は原因を気にしていません。わたしたちが気にするのは、気の流れです。

気の流れを正常に戻すことが、われわれたんぽぽ鍼灸院の仕事なのです。その結果が、ひどい内膜症や腺筋症でも痛みが止まるのです。東洋医学やわれわれがすごいのではなく、ヒトのカラダが凄いのです。

生理痛に悩んでいるあなた、是非、東洋医学的治療を試してみてください。

 

FullSizeRender2

たんぽぽ鍼灸院

住所
〒811-1362
福岡県福岡市南区長住2丁目22-31
アクセス
「長住3丁目」か「長住4丁目」で下車 当院まで徒歩5分
TEL
092-561-8014
診療時間
9:00~12:00 14:00~18:00
お休み
木曜日と水・日曜日の午後
(日曜日は勉強会があり休診の場合がございます)



たんぽぽのわたげ

住所
〒810-0004
福岡市中央区渡辺通4丁目4-19
ラ・カーサ薬院801号
アクセス
「西鉄薬院駅」「地下鉄薬院駅」より徒歩1分
TEL
090-8761-8014
●完全ご予約制にて受付します。
ご予約のキャンセルは1日前までとします。
●施術中・面談中の場合は、音声電話に切り替わります。メッセージをお入れください。
折り返し連絡させていただきます。
診療時間
9:00~20:00(最終受付19:00)
お休み
不定休
(当院スケジュールにてご確認ください)

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1OWCpbw
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る

トップへ戻る