たんぽぽ鍼灸

たんぽぽのわたげ詳細

耳鳴りとはりきゅう(東洋医学)・・・福岡、たんぽぽ鍼灸院とたんぽぽのわたげ


西洋医学では、耳鳴りは人の生き死にに直接関わる事は少ないのですが、訳のわからない難治の症状であることは事実です。

原因が複雑なのに、愁訴を訴える患者さんが多くて、ドクターを悩ませます。

原因が解れば、対処の方法がありますので、効果があるなしに関わらず医療行為はできます。

原因が解らない場合は大変です。お薬の出しようがありません。

結局、患者さんにお手上げだとは言えませんので、対応は二つです。

一つは、「お年ですから・・・」

もう一つは、「ビタミン剤を出しておきますね。」となります。

現実には、原因の解らないケースの方が多いと思います。

たんぽぽ鍼灸院にお越しの患者さまから、

「お薬をもらっているが、治りません」というのがなんと多いことか。

 

一方、東洋医学では、必ず対処の方法があります。

効果の出方に多少の差がありますが、たんぽぽでは、今の所、ほとんどの方の耳鳴りは収束しています。

 

高齢の患者様の耳鳴りの治り方は、だんだんと小さくなって、そのうちに気にならなくなり、消えてしまうパターンが多い様です。

お若い患者様は、突然に始まり、治る時も、パッとなくなります。

これは、明らかに原因と期間の違いがあるからです。

高齢の患者様の場合、長い期間に強い腎虚の証になっている場合が多いのです。

それで、じっくりと腎にエネルギーが戻ってくる様に治療するのです。

一方、お若い患者様たちはいろんな原因で、内耳の蝸牛付近に血行障害が起きているようです。その為、血行の改善があれば、直ぐに治るのではないでしょうか。

 

つい先日も、30代後半の女性の患者様はいろんな愁訴の一つに耳鳴りがありました。

2回目の治療で胸のドキドキ感や睡眠障害、腰や膝の痛み等は無くなりましたが、耳鳴りは治療中に1回止まって、治療終了直後にまた始まりました。

3回目の治療で解ったことは、耳鳴りだけは他の愁訴と原因が別のようでした。

それで、急いで診断をやり直すと、肝経の異常でした。

それでダイオードを5分、肝経耳鳴りと共振する反応点に置いて、

その後、金粒に置き換えて終了です。

無事、耳鳴りは止まりました。

 

耳鳴りは、命には別状問題がないとは解っていても、嫌なものです。

時には、うるさすぎて人の声さえ聞こえません。

だから、早めに手当てが必要なのです。

治るかなと思って長引くようなら、迷わずはりきゅう院を訪ねてみてください。

怖い治療では決してありません。

お待ちしております。

 

 

たんぽぽ鍼灸院

住所
〒811-1362
福岡県福岡市南区長住2丁目22-31
アクセス
「長住3丁目」か「長住4丁目」で下車 当院まで徒歩5分
TEL
092-561-8014
診療時間
9:00~12:00 14:00~18:00
お休み
木曜日と水・日曜日の午後
(日曜日は勉強会があり休診の場合がございます)



たんぽぽのわたげ

住所
〒810-0004
福岡市中央区渡辺通4丁目4-19
ラ・カーサ薬院801号
アクセス
「西鉄薬院駅」「地下鉄薬院駅」より徒歩1分
TEL
090-8761-8014
●完全ご予約制にて受付します。
ご予約のキャンセルは1日前までとします。
●施術中・面談中の場合は、音声電話に切り替わります。メッセージをお入れください。
折り返し連絡させていただきます。
診療時間
9:00~20:00(最終受付19:00)
お休み
不定休
(当院スケジュールにてご確認ください)

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1OWCpbw
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る

トップへ戻る