たんぽぽ鍼灸

たんぽぽ鍼灸詳細

ぎっくり腰(急性腰痛)としんきゅう治療(東洋医学)・・・福岡、たんぽぽ鍼灸院


みなさん、ご存知ですか?

厚労省の見解では、ぎっくり腰(急性腰痛症)は、はりきゅうの適応疾患ではないのです。つまり、はりきゅうはぎっくり腰に対し有効性がないと判断しているのです。

随分と前の話、当院でしんきゅうの保険助成金の申請に対し、トラブルが発生しました。

ドクターが書いたはりきゅう治療の同意書の備考欄に、初診時の診断が急性腰痛であったとあるのを、保険申請書の審査係官が見つけて、助成金申請を却下してきました。

理由は、急性腰痛をしんきゅうの適用疾患と認めていないからということです。

でも実際に治療したのは、腰痛を発生して3ヶ月を経ても腰痛が治らないから、当院が直しただけで、治療回数も確か2回でした。保険助成額も2回分の総額3,600円ぐらいの金額です。

まあ、金額はどうでもいいのですが、要は、急性腰痛を発症して現代医学では対応できず、3ヶ月後にはりきゅうで直して、急性腰痛症はダメとは何ということでしょう。

3ヶ月も経てば急性も慢性になりますし、もともと厚労省のはりきゅうの適応疾患の基準がはりきゅうを知らない医学博士たちが決めたもので、不当であることはWHOのはりきゅう適応疾患リストからみても伺えます。

では、急性腰痛がはりきゅうで治らないかと言いますと、これは治るのです。

実績から言いますと、控えめに言いましても、他のアプローチとなんら遜色のないものです。

つい昨日もぎっくり腰の患者様、3回目(1週間)の治療で終了です。

東洋医学では、患部の治療も大切にするのですが、治癒に必要な回復力を出す本治法という全体の調整はとても必要なことなのです。

これがあるから、はりきゅう(東洋医学)が他のアプローチに負けない効果をだすもとになっているのです。

ですから、他の治療法より治療費は高くつきますが、確実に早く治るということは言えます。

 

treatment_05

 

 

たんぽぽ鍼灸院

住所
〒811-1362
福岡県福岡市南区長住2丁目22-31
アクセス
「長住3丁目」か「長住4丁目」で下車 当院まで徒歩5分
TEL
092-561-8014
診療時間
9:00~12:00 14:00~18:00
お休み
木曜日と水・日曜日の午後
(日曜日は勉強会があり休診の場合がございます)



たんぽぽのわたげ

住所
〒810-0004
福岡市中央区渡辺通4丁目4-19
ラ・カーサ薬院801号
アクセス
「西鉄薬院駅」「地下鉄薬院駅」より徒歩1分
TEL
090-8761-8014
●完全ご予約制にて受付します。
ご予約のキャンセルは1日前までとします。
●施術中・面談中の場合は、音声電話に切り替わります。メッセージをお入れください。
折り返し連絡させていただきます。
診療時間
9:00~20:00(最終受付19:00)
お休み
不定休
(当院スケジュールにてご確認ください)

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1OWCpbw
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る

トップへ戻る