たんぽぽ鍼灸

たんぽぽのわたげ詳細

産後のトラブル(産後うつ)と東洋医学・・・福岡、たんぽぽ鍼灸院とたんぽぽのわたげ


つい先日、西日本新聞で産後うつの特集記事が載っていました。

あまりメジャーな問題ではないので表に出てきませんが、ある面、とても大切な問題です。

これは、お母様本人だけの問題ではなく、子どもを含む家族全員の問題になるのです。

私の長男は今、中2ですが、小学校の6年間と中学の1年半の間に、お母様のトラブルが子供達の生活(通学や運動、学習、学校生活)に多大な影響を与えていると思われることが多いのです。

産後のうつ状態から抜け出した方、抜け出せない方、様々ですが、問題は消火と防火の比較と同じで、産後のうつが出てくる前に対応をする方が一番だと思うのです。

これは、誰に聞いてもご同意いただけることです。

 

さて、たんぽぽの本院では、現在数名の産後のうつ症状でお越しになっています。

本人が辛くてお越しになる場合が多いのですが、お子様を含めたご家族の方も御心配であることはよく判ります。

はりきゅう、東洋医学は体と心を一体として対応しますので、こう言った場合にも対応できるのですが、問題はその予防です。

 

女性は妊娠中にいろんな不安を抱えます。

思考がよく働く方ほどいろんな状況が心配になります。

正確な情報を親身になって与えてあげる必要があるのです。

そうして余分な不安を抱かせないことです。

この場合、心理カウンセリングなどは大変に有効でしょう。

安心して出産を迎えてもらうのです。

お母様の体には、妊娠中の状態から出産によるホルモンバランスの突然の変化が訪れます。

一般に精神状態が過敏となり、誰とでも意見の衝突が起こります。

俗に「理不尽な言動が目につく」ことになります。

周りに当り散らしたり、逆に内に閉じこもってしまったりです。

だからここで、先人の知恵が働くのです。

理想的には、里帰り出産です。

産後しばらくは、お母様のご実家がいいのです。

お母様が安心してなんでも吐き出して、後にしこりの残らない環境が必要だからです。

親子や姉妹だとケンカをしても他人ほどあと引きがありません。

変な話、安心して喧嘩かできるのです。

ご主人でも産後の奥様の変化に驚くでしょう。

「この女の本性はこうだったのだ」とか誤解を起こします。

奥様本人も自分が理不尽であることは十分に承知しているのですが、急激なホルモン変化のなせる技です。仕方ないのです。

こう言った状況を本人も含めて事前に家族が理解する必要があります。

そうすることで、家族内の人間関係もスムーズになります。

「私の時代はもっとひどかった」とか「今の人たちは甘えている」とかナントカカントカ、社会状況や時代が違うのです。

しっかりと準備をしておくことが、子供達をも守ります。

もし、起こってしまったら、それこそ消火です。

東洋医学がお手伝いします。

 

たんぽぽ鍼灸院

住所
〒811-1362
福岡県福岡市南区長住2丁目22-31
アクセス
「長住3丁目」か「長住4丁目」で下車 当院まで徒歩5分
TEL
092-561-8014
診療時間
9:00~12:00 14:00~18:00
お休み
木曜日と水・日曜日の午後
(日曜日は勉強会があり休診の場合がございます)



たんぽぽのわたげ

住所
〒810-0004
福岡市中央区渡辺通4丁目4-19
ラ・カーサ薬院801号
アクセス
「西鉄薬院駅」「地下鉄薬院駅」より徒歩1分
TEL
090-8761-8014
●完全ご予約制にて受付します。
ご予約のキャンセルは1日前までとします。
●施術中・面談中の場合は、音声電話に切り替わります。メッセージをお入れください。
折り返し連絡させていただきます。
診療時間
9:00~20:00(最終受付19:00)
お休み
不定休
(当院スケジュールにてご確認ください)

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1OWCpbw
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る

トップへ戻る