たんぽぽ鍼灸

たんぽぽのわたげ詳細

安産と東洋医学(はりとお灸)・・・福岡、たんぽぽのわたげとたんぽぽ鍼灸院、先人の知恵に学ぶ会


産前産後のケアには安全な東洋医学的アプローチが最適な事は、いつも述べていることですが、今回は、お産直前のケアについて書きましょう。

 

お産直前の若いお母様方の関心事は、お産そのものも怖さです。

お産がどれだけ軽く済むものか、難産になりはしないかが心配でなりません。

当院では、予定日の5日ほど前にお母様方の体調を整えます。

胃腸等の内臓のチェックからお腹の張り具合、赤ちゃんの降り具合、肩こりや腰痛、股関節の動き具合などの筋骨格系のチェックなどです。

特に、腰痛は絶対にあってはなりません。

出産時の辛さの第一は、腰の痛みです。

お産時は、同じ姿勢が続きます。ひどい場合は何時間もです。

腰痛があれば、出産中のお母様の集中も途切れます。陣痛が順調に上がりません。

当院では、三陰交のお灸と合わせて、出産時の腰痛予防のおまじないを行います。

産後のお母様方の評判は抜群です。

なにせ出産にかかる時間が短く、軽くなるんです。

 

もう一つは、陣痛が順調になるお手伝いです。

たんぽぽ鍼灸院が産前産後のケアをお手伝いしている助産院などから、微弱陣痛でなかなか出産に結びつかないとか、赤ちゃんが降りてこないとか、予定日を随分と過ぎてしまったとか、赤ちゃんが大きいために予定日付近でお産が来るようにとか色々ですが、できるだけ陣痛が順調になるように治療をします。

治療といっても、上の場合と同じように胃腸の状態を含めて全身を調整することが第一です。

そして、FT(フィンガーテスト)で三陰交にお灸をする壮数を決定し、三陰交がスムースになるまでお灸をするのです。

ここで最も注意しなくてはならない事は、間違いのない三陰交の取穴です。

三陰交は状況に応じて若干移動しますので、お母様の当日の状態を見てFTで決定しなくてはなりません。

結果は、驚きです。東洋医学の真髄を見る気がします。

不思議です。後で助産院の先生方といつも感心をするのです。

やはり人の体を一番よく知っているのは、東洋医学なのかも知れません。

 

Mother Holding Infant

たんぽぽ鍼灸院

住所
〒811-1362
福岡県福岡市南区長住2丁目22-31
アクセス
「長住3丁目」か「長住4丁目」で下車 当院まで徒歩5分
TEL
092-561-8014
診療時間
9:00~12:00 14:00~18:00
お休み
木曜日と水・日曜日の午後
(日曜日は勉強会があり休診の場合がございます)



たんぽぽのわたげ

住所
〒810-0004
福岡市中央区渡辺通4丁目4-19
ラ・カーサ薬院801号
アクセス
「西鉄薬院駅」「地下鉄薬院駅」より徒歩1分
TEL
090-8761-8014
●完全ご予約制にて受付します。
ご予約のキャンセルは1日前までとします。
●施術中・面談中の場合は、音声電話に切り替わります。メッセージをお入れください。
折り返し連絡させていただきます。
診療時間
9:00~20:00(最終受付19:00)
お休み
不定休
(当院スケジュールにてご確認ください)

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1OWCpbw
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る

トップへ戻る