たんぽぽ鍼灸

たんぽぽのわたげ詳細

逆子治療にはりきゅうの有効性


このところ逆子治療の患者さんが立て込みます。

よくまだ理由はわかりませんが、何かのタイミングで重なるのでしょうか?

さて今日は、その中で特別の症例を取り上げてみます。

 

仮にAさんとしましょう。

Aさんがお越しになった時間、すでに何人かの逆子治療を行っていた日のことでした。

お友達の紹介ということでしたが、もう38週を経過していました。

 

しばしば電話口で、「何周まで戻りますか?」というご質問を受けます。

こちらとしては過去に予定日2週間前に治療をして治った経験がありましたので、素直に予定日2週間とお応えしておりました。しかし、このケースはお腹の赤ちゃんが比較的小さかったという事情の但書きがつきました。

 

一般には、早くて28週、遅くて34週、平均31〜2週というのが当院のよくあるパターンで、治療回数は1〜2回が大半で、まれに4〜5回という方もいます。そして、残念ながらタイムリミットが来てしまった方も年間に数例あります。

産科のお医者様では、赤ちゃんの大きさなどで何日までに戻らないと手術(帝王切開)をすることになるとあらかじ若いお母様に申されるのです。

 

ところでAさんは、月曜日に逆子とわかり、火曜日にお越しになりました。そして、土曜日に戻っていなかったら手術だそうです。

後がないのですね。

当院は水曜日が午前中だけ、木曜日はお休みですので、治療は火曜日と水曜日の午前中か金曜日しかありません。

とにかく治療を始めました。

 

翌日、Aさんは産院へお出かけになり、逆子の状態をお聞きなりました。

結果は、赤ちゃんが逆子の状態から横向きに変わっていたそうです。

それで産院の後、午前中一番最後の治療に滑り込まれました。

私たちも頑張れとばかり、治療に励みました。

 

土曜日、私たちの心配をよそにAさんは晴れ晴れとたんぽぽ鍼灸院へお越しになりました。

そして嬉しそうに赤ちゃんが戻ったことを報告されました。

私たちも久しぶりの感動を覚えました。

Aさんのお腹の大きさからさすがに「今回はダメかもしれいない」と心密かに思ったのですが、お母様も私たちも諦めずに確実に治療したのが良かったのでしょうね。

 

福岡市南区 たんぽぽ鍼灸院

 

たんぽぽ鍼灸院

住所
〒811-1362
福岡県福岡市南区長住2丁目22-31
アクセス
「長住3丁目」か「長住4丁目」で下車 当院まで徒歩5分
TEL
092-561-8014
診療時間
9:00~12:00 14:00~18:00
お休み
木曜日と水・日曜日の午後
(日曜日は勉強会があり休診の場合がございます)



たんぽぽのわたげ

住所
〒810-0004
福岡市中央区渡辺通4丁目4-19
ラ・カーサ薬院801号
アクセス
「西鉄薬院駅」「地下鉄薬院駅」より徒歩1分
TEL
090-8761-8014
●完全ご予約制にて受付します。
ご予約のキャンセルは1日前までとします。
●施術中・面談中の場合は、音声電話に切り替わります。メッセージをお入れください。
折り返し連絡させていただきます。
診療時間
9:00~20:00(最終受付19:00)
お休み
不定休
(当院スケジュールにてご確認ください)

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1OWCpbw
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る

トップへ戻る