たんぽぽ鍼灸

たんぽぽ鍼灸詳細

福岡の女性心理カウンセラー*うつ症状のセルフケア NEW


こんにちは、福岡市(薬院駅横)にある心理カウンセリング「たんぽぽのわたげ」のしのはら由香です。

今回は、「うつ症状のセルフケア」についてお話いたします。

 

心のバランスを取る神経伝達物質の「セロトニン(別名=幸せホルモン)」。うつ病や不安障害のお薬にも使われています。不足すると、質の良い睡眠がとれない、感情のコントロールがきかなくなる、感情が沸かなくなる、やる気がおきない、人との関わりが億劫になります。
現代人には慢性的にセロトニンが不足している人が多いと言われていますが、原因はストレスが多く生活リズムが不規則になりがちな現代人のライフスタイルにあると言われています。今すぐ実践できることをご紹介★簡単にセロトニンを増やすことができますよ♪

 

①朝起きたら太陽の光を浴びる
 目に入る光の量(明るさ)の影響を大きく受けます。
 カーテンを開けて朝日を浴びる習慣をつけましょう。
②一定の動き(リズム)を継続する運動を行う
 ウォーキング、ジョギング、スクワットなど意識せずに一定の動きを繰り返す軽い運動習慣(30分)が◎
③食事をよく噛む
 食事以外ですと、ガムを噛むのも効果的です。
④スキンシップをとる
 日本人はハグの習慣がありませんが、安心や癒しを感じます。握手や肌に触れる、また楽しかった記憶を思い出すだけでも嫌なことを忘れるのでセロトニン増加◎
⑤トリプトファンを含む食品を食べる
 バナナや乳製品、大豆製品、赤身の魚、肉類などを多く摂取することでトリプトファン(必須アミノ酸)増↑

これらの方法をできるだけ長期間継続することで、セロトニンを増やす効果が期待できます。皆さんの幸せホルモンが増えますように…

 

上記は、市田商店HPより参考にさせていただきました。

 

うつ病のお薬に抗うつ薬SSRIやSNRIには、セロトニンがうまく働きかける作用があります。最近では、うつ病以外で不安障害や強迫性障害にも効果のエビデンスが認められているようです。

できるだけ、お薬の成分を自力で日頃の生活から意識して、気分よく過ごせると良いですね。ご家族の支援などが受けられる方は、上記の情報をもとに協力してもらえると相乗効果かもしれません。

 

この夏、元気に過ごして欲しいです。

 

福岡市中央区渡辺通4-4-19-801

女性専用心理カウンセリングルーム

「たんぽぽのわたげ」

認定心理士 しのはら由香

09087618014KEI_1755

たんぽぽ鍼灸院

住所
〒811-1362
福岡県福岡市南区長住2丁目22-31
アクセス
「長住3丁目」か「長住4丁目」で下車 当院まで徒歩5分
TEL
092-561-8014
診療時間
9:00~12:00 14:00~18:00
お休み
木曜日と水・日曜日の午後
(日曜日は勉強会があり休診の場合がございます)



たんぽぽのわたげ

住所
〒810-0004
福岡市中央区渡辺通4丁目4-19
ラ・カーサ薬院801号
アクセス
「西鉄薬院駅」「地下鉄薬院駅」より徒歩1分
TEL
090-8761-8014
●完全ご予約制にて受付します。
ご予約のキャンセルは1日前までとします。
●施術中・面談中の場合は、音声電話に切り替わります。メッセージをお入れください。
折り返し連絡させていただきます。
診療時間
9:00~20:00(最終受付19:00)
お休み
不定休
(当院スケジュールにてご確認ください)

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1OWCpbw
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る

トップへ戻る