いろんな症例

WHO指定鍼灸適応疾患

神経学的疾患 神経痛 坐骨神経痛 神経麻痺 筋肉痛 痙攣 脳卒中後遺症 頭痛脳梗塞後後遺症 めまい 自律神経失調症 不眠 神経症 ノイローゼ
筋・骨格系疾患 関節炎 リウマチ 頚肩腕症候群 肩こり 五十肩 腱鞘炎 腰痛ぎっくり腰 外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫) 各種スポーツ障害
循環器系疾患 心臓神経症 動脈硬化症 高血圧低血圧症 動悸 息切れ
呼吸器系疾患 気管支炎 喘息 風邪および予防
消化器系疾患 胃腸炎(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)肝機能障害 口内炎
内分泌代謝系疾患 パセドウ氏病 糖尿病 痛風 脚気 貧血
泌尿器系疾患 性機能障害 尿閉 前立腺炎(肥大) 陰萎
婦人科系疾患 更年期障害 生理痛 月経不順 冷え性 のぼせ 不妊症
耳鼻咽喉科系 耳鳴り 難聴 メニエル氏病 鼻炎 蓄膿症 声枯れ
眼の疾患 眼精疲労 仮性近視 疲れ眼 かすみ目
小児科系疾患 小児神経症(夜鳴き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)虚弱体質の改善
アレルギー疾患 気管支喘息 アレルギー性鼻炎

お子様の治療

お子様方のいろんな症状に東洋医学は対応しています。敏感で体力の無いお子様たちには大人に使うハリは必要がないのです。当院には年齢や体質に応じた多彩な治療法があります。
だから、ゼロ歳児から治療をしています。
近年では、幼児でもストレスが原因で筋肉の痛みを訴えるお子様が増えています。その他、虚弱体質からアトピー、喘息、風邪、夜泣き、疳の虫、夜尿症、便秘、鼻詰まり、中耳炎、寝違えなど小さいお子様に起こりがちなものはまずご相談ください。また、運動器系のトラブルにも全くハリは使いません。安全なネツシンやIPコードが治療の主体となります。大人によく使われる皮内鍼でさえ使用せず、お子様には小さな金の粒や銀の粒を使った特殊療法があり、安心して受診できます。

いろんな症例

  • 安胎(不妊)治療

    院長夫妻の不妊症克服の経験がもとになり、それを支えて下さった寺子屋お産塾の田中寿雄先生のご支援で、完成したのが当院の安胎プログラムです。子どもを授かったその恩返しから始めました。問題を解決しながらカラダづくり、ママになるココロの準備をしてゆきます。基本的には、週1回(3ヶ月間)の来院治療と、ご自宅でのセルフケア(指導します)で、カラダの変化を実感して頂きます。「自分のカラダに自信を持つこと」が当院の治療のゴールです。元来は自然妊娠を目的の方が主体でしたが、現在では先端医療の併用の方が大変に増えています。アプローチに大きな違いはありませんが、不妊治療を行う中で、鍼灸治療が必要なタイミングがありますので、ご注意ください。また、妊娠初期から安定期までしっかりとお付合いします。お気軽にお問い合わせください。

     

  • ツワリ

    ツワリは妊娠初期には必ずあるのです。ただ、妊婦さんによって軽い重いの個人差があるだけです。単に眠くなるだけの方から出産間際までツライ方もおられます。当院の方針は、「ツワリはあっても、平気な程度まで軽くする」というものです。ママはもちろんおなかの赤ちゃんのためでもあります。一般にツワリの時期は、赤ちゃんの心臓や脳が形成される時期と重なります。そのときに赤ちゃんに十分な栄養を与えることができるようにしたいものです。重篤のツワリでないかぎり、2~5回ほどの治療で劇的に軽減します。ただし、「よだれヅワリ」のような重篤なツワリは、軽くなるまで、数日間の連続治療が必要です。我慢せずにご相談下さい。ママの元気は赤ちゃんの喜びとなります。

     

     

  • 逆子治療・安産対策・減痛分娩

    臨月でも多くの逆子は戻ります。けっして諦めないでほしいと思います。治療はとてもカラダにやさしく、お腹の張りや腰痛、冷えをとってゆきます。結果としてポカポカでゆるゆるなお腹になります。赤ちゃんの動きが、ポコポコからムギューに変わり、一般に1~2回(5日間)の治療でほとんどの赤ちゃんが戻ってくれます。また、当院では戻った後の、安産のケアもしています。出産までの期間は楽しい妊娠ライフを過ごしていただき、出産時には減痛分娩(安産)を促します。

     

    当院へお越しの際、できるだけお子様連れはご遠慮ください。治療中は、貴重なママとお腹のお子様との会話の時間です。ママの意識がこの時間だけでもお腹のお子様とお二人で、ゆっくりの癒しの時間に使ってほしいと考えているのです。

  • 産後の骨盤矯正

    刺さない鍼(ネッシン療法)で対応できます。ハリやお灸ではなく、温めたステンレス棒を東洋医学の経絡理論に則って施術を行います。とてもソフトで暖かな刺激が心地よく、”産後のペンギン歩き”が嘘のようになくなります。

    ママの産後の骨盤は、出産の影響でまだゆるい状態です。強い刺激ではなくソフトなタッチのネッシン療法は、経絡理論により緩んだ関節や筋肉を急速に復帰させます。それによって不安定な骨盤周りの関節や筋肉が安定し、しっかりとした足取りが戻ってきます。産後の赤ちゃんのケアが大切なおり、お母さんの体調の回復はそれ以上に大切だと考えています。

  • 子宮筋腫

    大きさや数はさまざまですが、結構多くの方が筋腫をお持ちです。当然に小さいほうが治療期間も短いのですが、ご自宅でのお灸や漢方薬の服用などのセルフケアを同時に併用することもおすすめします。当院では1週間から10日の間隔で3ヶ月位、FTや触診でその大きさや硬さを確認し、最善の治療を行います。そして毎回、自宅で行うお灸のツボを再取穴します。筋腫も動けば大きさも変わるからです。さらに、必要な方へは、FT診断による適切な漢方薬の処方をお出しします。筋腫が触れる方は、柔らかくなってゆくのが自覚できます。そして小さく消えてゆくことを目標にして下さい。筋腫はあなたの手で、しっかりと管理しましょう。

  • 子宮内膜症

    いろんな症状をだすのが子宮内膜症です。激しい生理痛や下腹部痛を訴える方もいれば、無痛の方もあります。子宮の内膜の細胞が子宮の外にできてしまうことで起きる症状です。生理の度に下腹部に強い痛みが出たり、子宮外の腹腔内で内膜細胞からの月経出血が血腫となり、卵巣や卵管、子宮外壁にトラブルを生じさせたりします。これは東洋医学でいう下腹部のオ血症なのです。当院では1週間から10日の間隔で3ヶ月位、治療するとともに自宅でのお灸と漢方薬の服用が、痛みなどの症状を大幅に改善します。あきらめずに本来のカラダへとサポートしましよう。

  • 更年期障害

    ホルモンバランスの不具合が原因で、俗にいう「冷えホテリ」がいちばん多い症状ですが、メマイや耳鳴り、強い肩こりや各種の関節痛などカラダの異変のほかに、メンタルなトラブルも多いようです。例えば、イライラ感などの不定愁訴は、気分が過敏になったり、逆に沈み込んだ抑うつ傾向になったり、取り止めもありません。そして、それは必ずしも閉経時期に限らず若くてもホルモン分泌の異常が上記の症状を作り出すのです。でも、当院のプログラムはホルモンを造る臓器だけの問題としてではなく、それを管理する全体的なシステムに目を向けた治療を行います。だからといって、副作用や体力を消耗させるものではありません。気持ちのよいお灸やネツシンを主体とした、カラダに優しいプログラムです。他の疾患同様に、時により漢方薬も処方しますが、ご自宅でのお灸に置き換えることもできます。是非、お問い合わせください。

  • その他の産前産後の疾患

    まずは、メールやお電話にてご相談ください。例えば、妊娠時倦怠感は表立った統計には出てきませんが、とても多くの妊婦さんが経験をされています。当院のネツシンやお灸、漢方薬がトラブルからの解決に導いてくれます。また妊娠腎や妊娠時糖尿病は、過去に多くの症例を解決してきましたし、みなさん全員が無事出産へと進まれました。またお産の後、乳腺炎や乳汁不足や全身の倦怠感、全身の筋肉痛など、産後ケアもわたしたちの大切な使命だと思っています。是非ご連絡ください。

長引いている不快な症状、なかなか治らない慢性症状、もう1度自分のカラダを信じてみたい方に東洋医学でサポートします

  • 肩こり・寝違い・四十肩(五十肩)

    腰痛同様に肩こりや寝違い・四十肩なども、痛みやコリは初回の治療で驚くほど軽減します。しかし、完治までは更に数回の治療が必要です。疾患の原因となった体調異変の治療に数回と家庭でのセルフケアが必要だからです。一般に7〜10日かかり、3回から5回の治療で完治となります。但し、四十肩(五十肩)に似た肩関節周囲の痛みがでる内臓反射性疼痛(心性、肝性、消化器性など)や、カラダの強い捻れ(交通事故など)が原因の疼痛は、肩の治療というより、その原因部位の治療にどのくらいの時間がかかるかがキーワードだと考えています。

  • 腰痛症・座骨神経痛

    腰痛や坐骨神経痛はなかなか治らない疾患の一つですが、当院ではオリジナル療法により、さほど難しい疾患ではありません。当院は産科・婦人科専門のように言われていますが、一般の腰痛なら数回、難治性であれば4〜5回、また一般の坐骨神経痛でしたら7〜10日で著しい改善がみられ、ほぼ1ヶ月で治癒します。詳しくは疾患の背景により若干の差異は出てきますが、お問い合わせください。

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る

トップへ戻る