セミナー&イベント

セミナー&イベント詳細

私たちの生活と東洋医学との関わり①


東洋医学に従事する身として当たり前のことが、普通に生活されている方たちにとっては、全く違った捉え方をされていることに気がつく今日この頃です。

毎日ドップリと東洋医学の中で生活をしていると、世間の常識と随分とずれてきているのですね。

 

20数年前、私が東京で師匠の鍼灸院に勤めていた頃、若い女性鍼灸師の先生がお越しになりました。

その先生のご実家はやはり地方の有名な鍼灸院だそうで、小さい頃より医療は全て東洋医学であったそうです。

それで、小学校の頃の淡い夢は、「一度でいいから病院のお薬を飲んでみたい」ということだったそうです」

 

こんな極端な例は別として、世間の東洋医学に対する常識を調べて見るアンケートを実施することとなりました。

それで、はりきゅう治療の未経験者を対象に、回収目標500枚を実施しています。

内容は大きく5項目です。

 

1 鍼灸治療に対するイメージ調査

2 鍼灸治療の効果に対する質問

3 鍼灸治療を利用したいか

4 利用するときは、どんな時に利用するか

5 自身の健康意識調査

  イ 健康管理の方法:健康診断、病院の薬、サプリメント、健康食品、漢方薬、ジム、整骨院、鍼灸院、趣味を楽しむなど

 

  ロ 健康管理にかける一月当たりの予算:0円、1000〜5000円、6000〜1万円、1万円〜2万円、2万円以上

 

このような内容です。

皆さんは、どの様にお答えになりますか?

 

まだまだ集計中ですが、東洋医学、特に鍼灸に対する評価は、散々なものです。

いやー、これほどひどいものかと、ただ呆れるばかりです。

何が原因なのでしょう。

まだまだ集計の途中で、結論を出すのは早いのですが、我々が努力をしてこなかったことは自明です。

 

アンケートの結果は来年1月にでも発表しますが、東洋医学の理解に対する業界と一般のギャップはとても大きいと思います。

正確な情報や評価が世間に知られていないということがこのギャップを生み出しているようです。

 

西洋医学でも痛い治療はあります。

注射は好きですか? 虫歯の治療は好きですか?

これに比べれば、東洋医学のハリなどは、大したことはありません。

また、ハリやお灸をむやみに人の体の患部にすると思っている方が大半です。

どうしてこの様な誤報が伝わったのでしょう?

暗くて、胡散臭く、痛くて、熱く、そして高い治療費の割に、効果がないときたら、誰も東洋医学を選びません。私だって嫌です。

これが、世間の認識なのですね。

 

次回に続く

 

chinese_harb001

たんぽぽ鍼灸院

住所
〒811-1362
福岡県福岡市南区長住2丁目22-31
アクセス
「長住3丁目」か「長住4丁目」で下車 当院まで徒歩5分
TEL
092-561-8014
診療時間
9:00~12:00 14:00~18:00
お休み
木曜日と水・日曜日の午後
(日曜日は勉強会があり休診の場合がございます)



たんぽぽのわたげ

住所
〒810-0004
福岡市中央区渡辺通4丁目4-19
ラ・カーサ薬院801号
アクセス
「西鉄薬院駅」「地下鉄薬院駅」より徒歩1分
TEL
090-8761-8014
●完全ご予約制にて受付します。
ご予約のキャンセルは1日前までとします。
●施術中・面談中の場合は、音声電話に切り替わります。メッセージをお入れください。
折り返し連絡させていただきます。
診療時間
9:00~20:00(最終受付19:00)
お休み
不定休
(当院スケジュールにてご確認ください)

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1OWCpbw
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る

トップへ戻る